ハイジニーナ 抜けない


ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛で「抜けない」という口コミを見たことがあるかもしれません。一見するとその人が通っているサロンでは効果がないのかと思いがちですが、実際は違います。抜ける抜けないの実感に個人差があるのは事実ですが、だからといってそのサロンを候補から外すのは少し待った方が賢明です。
もしもあなたが口コミを投稿した人と同じ状況だとしたら、例えどのサロンを選んでも結果は大して変わらないからです。なぜなら、どこの脱毛サロンでも脱毛の仕組みは根本的に同じで、エステティシャンの技術力の差だけでどうにかできる問題ではないからです。そもそも各サロンのエステティシャンの技術力に、目を見張るほどの力の差があるとも思えません。

ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛で「抜けない」と感じる根本的な理由は、脱毛の仕組みにあります。これはサロンの光脱毛だけではなく、クリニックのレーザー脱毛にも共通して言えることです。
現在主流の脱毛方法は、メラニン色素に依存した方法です。メラニン色素に反応させることで、毛根にダメージを与えて脱毛効果を得ています。つまり、肌の色との違いが目印になっているんです。太くて濃い毛の方が効果が表れやすいですし、逆に色の薄い産毛には同じレベルでの効果は見込めないのが、現在主流の脱毛方法です。

しかもデリケートゾーンは、色素沈着しやすく黒ずみができやすい部位でもあります。肌と毛が同系色になることで、光やレーザーはムダ毛の毛根に届きづらくなります。また、VIOすべてが剛毛という方もいれば、IOラインはうっすらとしか生えていないという方もいらっしゃいます。うっすらとした毛には反応しづらいので、どっちのケースでも効果を実感するまでには回数が必要です。

更に、出力を上げられないのも、ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛で「抜けない」と感じる理由です。出力を上げられない理由のひとつに、痛みがあります。骨に近い部位や皮膚の薄い部位は痛みを感じやすいので、低出力での照射から始めて慣らしていくのが一般的です。
もうひとつは、安全確保のためです。色素沈着がある場合は火傷のリスクが高まるので、他の部位よりも低出力での施術になりがちです。ちなみに、光脱毛よりも高出力のレーザー脱毛を使うクリニックでは、波長の違う複数の機種が導入されているのが一般的です。色素沈着のある部位への照射では皮膚の表面では反応しない機種が使われるので、肌トラブルの心配はいりません。

ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛で「抜けない」と感じるのは、このような理由があるためです。ですが効果が全く期待できないわけではなく、色素沈着があってもうっすらとしか生えていなくても、回数を重ねていけば効果は実感できます。他の部位よりも回数がかかりがちなので、この点は気に留めておく必要があります。

結局どの脱毛サロンでも、ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛の効果に大きな差は期待できないんです。施術範囲やスタッフの接客や予約の取りやすさなどなど、選ぶ基準はいろいろありますが、実績や料金の安さで選ぶのは決して間違いではありません。


→ミュゼのハイジニーナ7VIO脱毛の料金